痩せる体質に変わる

ダイエット 生活

痩せる体質に変わるカギは日常生活と軽い運動にある!

悩んでいる人
「痩せる体質になりたい」と思って、ダイエットや食事制限頑張っているのにすぐリバウンドしちゃう。

こんな悩みを解説していきます。

 

本記事の内容

  • 痩せる体質に変わるための方法
  • 痩せる体質に変わるメリット・デメリット

大きく分けると2点になります。

 

✔︎ 記事の信頼性

tomoblog

 

痩せる体質に変わるための情報を網羅しました。

 

正直に話すとですが、痩せる体質になることは決して難しいことではありません。本記事の内容をしっかり実践すれば可能です。

 

痩せる体質を持っている人は、本記事の内容を自然と行なっています。別に意識していません。僕自身もほとんど習慣化されています。

 

理想の体型をお持ちの方は、この記事が理想までの第1歩として活用してくださると嬉しいです。

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

痩せる体質に変わるための7つ方法

 

痩せる体質に変わるために、具体的に何をすればいいのかを解説していきます。

 

痩せる体質:朝に運動をする

朝に運動をすると交感神経と副交感神経との切り替え、さらに、交感神経を活発に働かせることができるようになります。

 

1日のスタートに意識的に交感神経を働かせることで、1日中代謝能力が高いまま過ごすことができ、消費カロリーも増えていきます

 

痩せる体質に変わるための改善方法としては、最も有効な方法です。また、太陽の光を浴びることがで頭もシャッキとなりますよ!!

 

日光を浴びながら

  • 散歩をする
  • ヨガをする
  • ストレッチをする

 

さらに、痩せる体質作りをしている女性にとって、ヨガやストレッチは固まった体をほぐすことで、血行が良くなり、それだけで代謝をアップをする効果もあります。むくみもとって良い1日にしましょう。

 

筋トレを始める前に、まずはストレッチを行うことが大切です。硬いところは痩せないので、とにかく柔らかく伸ばしておくこと。「痩せたいところは柔らかくしておく」です。こうすることで脂肪が燃焼しやすくなります。
具体的には、横の開脚はみなさん良くされると思いますが、縦の開脚もやったほうがいいですね。あとは、ブリッジ。ブリッジをするとお腹周りがしっかり伸びるので、朝起きたら1回でいいので続けてみてください。空腹時に行うのが効果的です。ウエストが引き締まれば身体にメリハリがつくので、痩せて見えますよ。(引用元:Alpen Group 安井友梨【フィットネスビキニ日本チャンピオン】)

 

注意ポイント

継続することが大切になります。いきなり何時間も早く起きて活動をしないようにしましょう。体がきつくなってしまい、「やめたい」という感情が大きくなってしまいます。

 

時間がない時は、歯磨きをしながらできる「ながら運動」がいいですよ!
ながら運動か!それならできるかな…。
ながら運動 効果
ながら運動でダイエット効果を高めよう【15選】

こんにちは。フィットネスインストラクター歴2年のともです。   ズボラな性格で最近太り気味だし、運動もそんなに得意じゃないです。時間も確保できそうにないし、生活の中でできるながら運動ないかな ...

続きを見る

 

痩せる体質:朝起きたらコップ1杯のお水を飲む

寝起きに、1杯のお水を飲むことで、体の脱水状態を解消することができます。

 

筋肉にも水分を補給することができるので、血行改善の効果があります。

 

血行改善をすることによって

  • 基礎代謝向上
  • 冷え性改善
  • むくみ改善
  • くすみ改善

以上のような効果があります。

 

また、朝にコップ1杯の水分補給により、腸の動きが活発化し排便を促し、ぽっこりお腹の改善にも良いと言われています。

 

お水は常温がいいって聞くけど?
その通りです!体を冷やしてしまうので、常温か白湯にしましょう!

 

水を飲むだけで痩せるのはなぜ
水を飲むだけで痩せると言われるのはなぜか?【女優もしていること】

悩んでいる人水を飲むだけで痩せると聞いたことあるけど?デトックス効果がなんとか…。 このような悩みについて解説していきます! 水を飲むだけで痩せる理由 水を飲むタイミング 水の種類 飲む水の量(注意点 ...

続きを見る

 

痩せる体質:朝起きてお風呂に入る

熱めのお風呂に入ることによって、交感神経を刺激することができ、体を活動モードに変えることができます

 

交換神経を刺激することによって、代謝能力が高まり、1日の消費カロリーも増やすことができます。

 

活動的に1日を過ごしたいのであれば、以下の点に気をつけましょう。

時間 入浴時間5分以内
温度 40℃程度

 

時間がないという方は、熱めのシャワーでも大丈夫なので、ぜひ実践してみてください!

 

痩せる体質:軽い筋トレを習慣化させる

軽い筋トレを習慣にすることで、筋肉がつき代謝を上げことができます。

 

きつい運動を繰り返すより、軽い筋トレ(5分〜10分)程度を毎日習慣として行うのは、痩せる体質改善にはピッタリです

 

特に下半身の筋肉は、人間全体の7割を占めているので効率筋トレをすることができます。

 

自宅トレーニングメニュー
自宅でできるトレーニング10選【メニューも考えよう】

悩んでいる人自宅でトレーニングをしたいんだけど、何をしたらいいか分からない。メニューも自分で考えないといけないのか。誰か考えてくれない?   こんなお悩みを解決していきます。   ...

続きを見る

 

痩せる体質:食事はバランスよく食べる

痩せる体質作りをしている方は、基礎代謝を向上させるために、バランスよく食事をとることが大切だと言われています。

 

特にダイエットをしていると、「カロリー0」の物を食べたり、食事を摂らなかったりと、摂取カロリーを抑えすぎる人がいますが、それはあんまり良いことではありません。

 

体が低燃費になり、余計に痩せなくなります

 

しっかり、食事は3食食べて、「間食」をしないなどしてカロリーを抑えるようにしましょう。

 

痩せる体質 食事

引用:食育月間

 

その画像久しぶりに見た!!バランス考えて食事しないと。
小・中学生の頃何回見たことやら…。いつの間にか楽な方に走っちゃうよね。

 

痩せる体質:睡眠時間を確保する

睡眠不足になってしまうと、痩せ体質につながるホルモンに影響が出てしまいます。

 

この4つのホルモンが痩せる体質に関係しています。

  • レプチン
  • グレリン
  • 成長ホルモン
  • コルチゾール

 

レプチンとグレリン

レプチンは、食欲抑制を促していくれるホルモンで、レプチンが正常に脳に作用すると「お腹いっぱい」感じやすくなるので、食べ過ぎることが少なくなります。

 

グレリンは、空腹の「サイン」を脳へ送り、食欲増進をさせます。たくさん分泌されることで、高カロリーなものを食べたくなるとも言われています。

 

睡眠時間が5時間の人は、8時間の人に比べて

  • レプチンの分泌量が16%少ない
  • グレリンの分泌量が15%多い

2点のことがわかっています。

 

睡眠をしっかりとらないと、痩せる体質に必要なホルモンが減少し、肥満につながるホルモンが増加するということです。

 

成長ホルモンとコルチゾール

成長ホルモンは、身長を伸ばす効果だけではなく、代謝を高める効果もあります。骨や筋肉を増やしたり、肌や髪の状態などを美しく保つ働きもあります。

 

コルチゾールは、脂肪の合成を促し、食欲を増加させる効果があります。

 

痩せる体質に変わるメリット・デメリット

 

痩せる体質になることへの、メリットとデメリットを解説していきます。

 

痩せる体質:デメリット

一気には痩せない」ということです。

 

ダイエットでありがちなのが「1週間で痩せたい」や「夏までに痩せたい」などの目標です。

 

痩せ体質の改善だけでは、この目標には届きません。

 

「時間がかかる」前提でやることをお勧めします。

 

痩せる体質:メリット

リバウンドしにくい」「太りにくい」体質になれるということです。

 

基礎代謝も上がっている状態、血行、リンパの流れも改善に向かっている状態なので、「すっきりとした体型」を目指すことができます

 

食事を意識をしていれば、髪質や肌の質も改善も期待できます。

まとめ:痩せる体質を目指すなら日常生活と運動を意識!

 

痩せる体質に変わりたいのであれば、日常生活にほんのちょっとの工夫をしてあげることが大切になります。

 

朝の習慣や、少しの運動でかなりの変化を感じることができます。ぜひ、変えていけそうなことから行ってみてください。

 

本記事でわかったこと

  • 朝に運動をする
  • 朝起きたらコップ一杯の水を飲む
  • 朝お風呂に入る
  • 軽い筋トレをする
  • 食事を管理をする
  • 睡眠の確保
  • 痩せる体質改善だけではすぐには痩せられない
  • 痩せる体質改善はリバウンドしにくくなる
運動を始めるなら何から?
社会人が自宅で運動を始めるなら何から?【手軽さが大切】

悩んでいる人運動を始めたいんだけど、何から始めればいいか分かんないんだよね…。運動経験もそんなにないし。   こんな悩みを解決します。   本記事の内容 運動することによって得られ ...

続きを見る

-ダイエット, 生活

Copyright© tomoblog , 2020 All Rights Reserved.