ジムの滞在時間はどれくらい

ジム 美容・健康

ジムの滞在時間は1時間半が多い!短くする方法も紹介します

ジムの滞在時間ってどれくらいなんだろ??
やっぱり長いのかな、、、

こんな悩みを本記事では解決していきます。

まず、結論ですが1時間から1時間30分が1番多いです。

実際に、僕もジムでトレーニングする際はそのくらいの時間でしたし、働いていたジムでトレーニングメニューを作成するときも1時間30分程度で終わるメニューを作成していました。

トレーニングは長くやればいいと言うものではないので、その根拠も本記事で解説していければと思います。

tomo

ぜひ、最後までご覧くださいね!!

僕が働いていたジムは1時間から1時間半が多かった

ジムの滞在時間は1時間

フィットネスジムに通っている方の平均滞在時間は大体1時間〜1時間半ぐらいでした。

あれ??そんなもんなの?

もちろん2時間〜3時間ずっとトレーニングしている方もいますが、その場合は

  • スタジオレッスン
  • プール

など、時間がかかるものを行ったりしていることが多いです。

また、ランニングやウォーキングなどの有酸素運動をメインにしていたり、ジム内が混んでいる時は長期化することはありますよ。

参考までに、
下に目安は配分を記載しておきますね!

行動時間
入店〜着替え10分
ウォームアップ、ストレッチ10分
筋トレ30分
有酸素運動、ストレッチ20〜30分
着替え〜退店10分
合計1時間20分〜30分

筆者の僕が働いていたジムだと上記のような感じになります。

有酸素運動を後半に持ってくることで、少しでも脂肪燃焼効果を大きくすることができます。

有酸素運動をしない手もありますが、
ダイエットならやった方がいいですよ!!

ジムの滞在時間を短くする3つの方法

ジム 滞在時間 短い方がいい

ついジムに滞在する時間が長くなりますが、何か良い方法はないかな??

ジムの滞在時間を短くする方法は主に以下の3つです。

  • ジムウェアで来館する
  • 筋トレメニューを決めておく
  • 毎回同じ筋トレ部位をしない

少しの工夫でジムの滞在時間を短くすることは可能です。

それでは、下記で詳しくみていきましょう。

ジムウェアで来館する

ジムウェアで来館すると着替える時間がなくなるため、5分程度の時間を短縮可能です。

ジムに着いて更衣室で、つい携帯触ったり、だらけていたりしていませんか?

たしかに、更衣室でゆっくりしちゃうことありますね。

実際にかっこいい体を持っている方の特徴に、更衣室の滞在時間が少ないことあげられます。

もちろん、短くしたからといって誰でも理想の体になれるわけではありません。

ジムの滞在時間を短くして、トレーニングに集中することが大切です。

ウェアを何にするか?でも時間を使うので、
以下の記事を参考にしてパッとジムに行きましょう。

筋トレメニューを決めておく

ジムに行く時には、その日にする筋トレのメニューを決めておきましょう。

ジムに着いてから、今日のメニューは何にしようかな?と考えている方は、かなり時間を無駄にしています。

種目間のインターバルが空いてしまって、トレーニングの質も落ちます。

筋トレのメニューを先に決めておくことで、トレーニングに集中することが可能です。

ジムトレーニングメニューに関しては
以下の記事を参考にされて下さい。

関連記事

毎回同じ筋トレ部位をしない

ジムに行って、毎回同じトレーニングをしてるともったいないです。

しかし、週に1〜2回しかジムに行かない場合は、同じトレーニングになっても問題ありません。

一方で、週に3回以上ジム行く場合は、筋トレ部位ごとにメニューを変えましょう。

メニューを変えることで、1日のトレーニング種目が減るため、ジムの滞在時間を減らせます。

例えば

  • 月曜日 胸のトレーニング
  • 水曜日 背中のトレーニング
  • 金曜日 足・お尻のトレーニング

みたいな感じにするとトレーニング時間短縮することができます。

ジムトレーニングメニューに関しては
以下の記事で詳しく書いているのでご覧ください。

関連記事

ジムの滞在時間が短い方が良い理由

ジム滞在時間 短い

ジムの滞在時間を短くすると、どのような効果があるのでしょうか。

ジムの滞在時間が短い方がよい理由は以下の3つです。

  • 滞在時間が長いとジムが嫌いになる
  • 色々とやりすぎて効果が薄くなる
  • コルチゾールの分泌で筋肉がなくなる

ジムに行くのが嫌いになったら、せっかくやる気になったのにもったいないですね。

それでは、以下で詳しくみていきましょう。

滞在時間が長いとジムが嫌いになる

ジムへの滞在時間が長くなると、ジムを嫌いになる可能性があります。

長い時間の筋トレは、集中力が持続しません。

そのため、メニューの最後の方は集中力がなく、効果も薄く時間だけが過ぎていくことになります。

上記の状態でトレーニングをしていくと、ジムでのトレーニングが嫌になる可能性が上がることも。

その結果、ジムに行かない日が増えフェードアウトしていきます。

色々やりすぎて効果が薄くなる

同じ日に筋トレをやりすぎると、効果が薄くなります。

たくさんやればやるほど筋肉がつきそうだけど??

上記のように思っている方は、間違った認識です。

トレーニングする日のメニュー種目は、3〜5種目を目安で行いましょう。

また、同じ部位を追い込むことが大切で、脚の日や胸の日などを決めておくことがおすすめです。

コルチゾールの分泌で筋肉がなくなる

筋トレでコルチゾールの分泌が1番危険です。

コルチゾールとは、ストレスを感じると分泌され、筋肉を減らす働きを持つホルモンです。

つまりは、長時間のトレーニングは逆に筋肉を減らしてしまいます。

せっかく、ジムに来ているのに筋肉が無くなったら意味がありません。

繰り返しになりますが、トレーニングは短時間で集中することが大切です。

ジムに行く時間がもったいないと感じる方へ

ジム 滞在時間 もったいない

ジムに行きたいけど、ジムに行く時間がもったいないと感じる方もいらっしゃいます。

ジムに行く時間がもったいないと感じる方は主に以下の2つです。

  • ジムに行くのがめんどくさい方
  • ジムに近くにない方

どちらもジムに行く時間がもったいないと感じています。

しかし、上記のように感じる方におすすめなのがオンラインフィットネスや自宅トレーニングです。

オンラインフィットネスや自宅トレーニングに変えることで、ジムに行く時間はなくなりますし、いつでもトレーニングできます。

それでは、ジムに行く時間がもったいないと感じる方の特徴を詳しくみていきましょう。

ジムに行くのがめんどくさい

ジムに行くまでがめんどくさいと思う方も多いですね。

上記のような方は、ジムに行けばやる気が出るんでしょうけど、、、なかなか足が動かないですよね。

ジムがめんどくさいと感じる人は以下の記事で
何がめんどくさいのか確かめて下さい

ジムが近くにない

ジムが近くにないと、トレーニング時間の他に行き帰りの時間を多く取られます。

また、ジム会費以外に交通費などがかかるともったいないですしね。

ジムまでに仕事や読書が日課とかなら
別に問題ないかもしれないですが、、、

ただ行くだけの時間であれば、何もできないもったいない時間。

ジムが近くになく、どうしようか悩んでいる人は以下の記事をご覧ください。

関連記事

まとめ:ジムの滞在時間は調整できる。3つの方法で短くなる

ジムの滞在時間を短くする方法、また対策を解説してきました。

  • ジムウェアで来館する
  • 筋トレメニューを決めておく
  • 毎回同じ筋トレ部位をしない

上記はジムの滞在時間を短くする方法です。

それぞれどうすればいいのか関連記事としてリンクを貼っているので、気になったところからご覧ください。

-ジム, 美容・健康

Copyright© tomoblog , 2023 All Rights Reserved.