ダイエット継続方法

ダイエット

ダイエットを継続する方法は?掛け算方式で簡単に痩せる

悩んでいる人
ダイエットって継続するの難しいよね…。いい方法ないかな。

こんな悩みを解説していきます。

 

本記事の内容

  • ダイエット方法の継続方法
  • ダイエットを継続する際の心得
  • ダイエットで無理した時の悪影響
  • ダイエットの計画の立て方

 

✔︎ 本記事の信頼性

tomoblog

 

ダイエットを継続することはなかなか難しいことです。ほとんどの方が短期間での結果を求める傾向にあります。そしてなかなか結果が出ないで途中でやめてしまいます。

 

そんなことがないように、本記事ではダイエットの継続をする方法詳しく解説していきます。

 

本記事を最後まで読んでいただいたら、ダイエットの継続方法がわかりダイエットの成功に近づくことができます。

 

ダイエットの継続には掛け合わせが大事

ダイエットの継続方法

 

ダイエットを運動や食事制限などの単体で行うと「きつい」ことが分かり始めます。

 

運動や食事などを掛け合わせて行うと少しは楽になり、ダイエットの継続にもつながります。

 

実際に運動指導をしていた時も掛け合わせで運動指導を行なっていました。その経験を踏まえてダイエットの継続方法について解説していきます。

 

継続は運動と食事管理の掛け合わせをする

ダイエットの王道な方法でもある

  • 運動
  • 食事管理

 

運動や食事管理は始めやすいダイエット法ですが、この2つの掛け合わせがダイエットを継続するコツになります。

 

しかし、この2つには大きな落とし穴があります。

 

運動では、消費カロリーを増やし脂肪を燃やすなどを目指して取り組んでいきます。しかし、体内にエネルギ(栄養)がしっかりないと筋肉を失ってしまうことは、周知されているようでされていません。

 

運動を頑張っていたとしても、そもそもの食事のとりかたによっては体に悪影響を及ぼす可能性があるということです。

 

例えば、タンパク質が不足している食事をしている場合には運動をしていても、筋肉は増えないですし、むしろ筋肉が減少します。

 

この原因は、筋肉分解にあり、エネルギーが足りないと体は、筋肉を分解してエネルギーを補給をしていきます。

 

脂肪の分解だけではなく、筋肉も分解されていることを知って頂きたいです。

 

指導を担当していた方で「食事制限で糖質をカットしていたけど、痩せないのでランニングとかしていました。」などの人もいました。
これだと筋肉が落ちて、痩せにくい体になります。停滞期などもすぐ来ます。
痩せにくい体は最悪だね…。

 

ですので、運動と食事管理は一緒に行うことが1番の成功の道となります。

 

もちろん、どちらも過剰にする必要もないので、比較的簡単にダイエットを継続することができます。

 

運動と食事を組み合わせて効果的にダイエットをしていきましょう!

 

継続は運動か食事管理プラス生活習慣の掛け合わせをする

運動と食事管理はしているよっていう方は、ぜひ生活習慣も健康仕様に変えていきましょう。

 

無理して変える必要はありませんが、生活習慣を変えるだけで代謝が上がることも期待できます。

 

実際に運動指導の際には、生活習慣に関して1日の水分摂取量なども聞いていました。むくみなどの改善にもつながるので、ぜひ試して欲しいです。

 

むくみ改善されるの?やってみようかな。
ぜひぜひ試して欲しいです!

 

むくみが改善されるだけで、体がスッキリとすると思います。代謝のアップにもなります。

 

水を飲むだけで痩せると言われるのはなせか?という記事で詳しく解説しています。女性に限らず男性にも関係あるのでご覧ください。

 

サラリーマンダイエット運動
サラリーマンがダイエットに成功するには運動と食事の組み合わせが最強

サラリーマンになったんだけど、ダイエットって何がいいかな?運動?食事? こんな悩みを解説していきます。 サラリーマンが太ってしまう理由として、仕事に追われていて生活習慣が荒れていることが上げられます。 ...

続きを見る

 

ダイエットを継続する無理をしないこと

ダイエット継続方法

 

ダイエットは無理しては、体にも悪いですし、メンタル的にもきついです。

どのように「きついと思う」ことを回避するのかを解説していきます。

 

自分にご褒美を用意する

ダイエットの継続を阻むのは

  • ストレス
  • モチベーションダウン

この2点が大きな原因になります。

 

よくある例は、ダイエットを始めてからずっと油物を食べないや、お酒を飲まないようにするみたいな話があります。

 

このようなダイエットは、上記2点の原因になり、継続できなくなります。

 

ずっとは無理だよね。絶対途中で爆発する…。どうすればいいの?
頑張った人にはご褒美を与えるんだよ!

 

解決方法としては、1週間ダイエットを継続できて、目標を達成したら自分にご褒美を与えます。未来の自分に頑張った証としてご褒美を用意してあげることによって、上記2点を軽減することができます。

 

ご褒美なんか与えたら太っちゃうよ
短期間でダイエットをしようとするからだね。ダイエットは長期間で行うといいよ!

 

長期間で計画的にダイエットをする

ダイエットを短期間で行うことはオススメできません。

 

短期間で行うということは食事制限を過度にしたり、運動の強度を高めるしかないです

 

体の負担も大きく逆効果になり、継続することができなくなります

 

負担が大きすぎると、反動で食欲などが爆発することも…。
それは嫌だね…。ダイエットしている意味が。

ですよね!以下のことを意識してみてください。

 

ダイエットを行う場合は、1ヶ月の体重の減少幅を体重の3%~5%までにしておきましょう。これ以上の体重減少は、体が異常と判断し、栄養を吸収しやすくなり、脂肪を蓄えてしまいます。

 

例で解説していきます。

体重 50kg
目標体重 40kg
減量幅 10kg
1ヶ月の減量 1.5~2.5kg
目標達成予定 4ヶ月~6ヶ月半

 

例とあげさせてもらいました。50kgの人は40kgにならないといけないと言うわけではありませんのでご注意ください!

 

このように長期間をかけることによって、無理のないダイエットを行うことができます。リバウンドのない体を作ることもできますし、最適なダイエット方法です。

 

まとめ:ダイエットの継続は長く計画的にする方法しかない

ダイエットの継続は計画性が大切

 

計画的にダイエットをする以外には、メンタルを強くして力技で行なっていくしかありません。

 

そんなダイエット方法は長くは続かないですし、健康的ではないです。本記事で説明したことを意識して行なって欲しいと思います。

 

本記事で分かったこと

  • ダイエットの継続は運動と食事管理の組み合わせ方法が痩せやすい体質を作る
  • 運動と食事管理プラス生活習慣の掛け合わせも大切
  • ダイエットの継続にはご褒美が大切
  • ダイエットは長期間計画的に実施する

 

ダイエットは飴と鞭が大切だったりします。ご褒美のような癒しに向けて頑張っていき、それが習慣になるようにしていきましょう!

 

体質が変わってきたりすると飲み会が続いても気にしないようになっていきます!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

-ダイエット

Copyright© tomoblog , 2020 All Rights Reserved.