朝筋トレ痩せる

ダイエット 筋トレ

朝に筋トレをすると痩せる!脂肪燃焼効果を上げるには!?

悩んでいる人
朝に筋トレしたらいいって聞いたことあるけど?痩せるのにはどうすればいいかな?

こんなお悩みを解決していきます。

朝に筋トレや運動をすると痩せやすくなるのは間違いありません!

しかし、リスクがあります。そのリスクを回避する方法もご紹介しますね!

本記事の内容

  • 朝に筋トレをするメリット・デメリット
  • 朝に筋トレする際に気をつけてほしいこと
  • 朝に行うと痩せる効果がある運動

✔︎ 本記事の信頼性

tomoblog

朝は忙しいからという理由で、朝に筋トレなどの身体的な活動をしないという方も多くいると思います。

ですが、そこで体を動かさないのは、もったいないです。

朝に運動や筋トレをすることで、たくさんのメリットがあり、痩せる体質にもつながります。

もちろん最初はうまくいかないこともありますが、少しずつ頑張っていくことで結果も出ています!

ぜひ、朝トレに興味がある方は最後までご覧ください!

朝の筋トレは
・できる男!
・できる女!
って感じがします(^ ^)

朝に筋トレをするデメリット

朝筋トレデメリット

朝に筋トレをすると痩せる体質にはなるのですが、デメリットがあります。

人によっては、いやだなぁと感じることもあると思いますので、確認をしてみてください!

早起きする必要がある

朝に筋トレをするので、朝に時間を確保しないといけません。

そのためには、「 早起き 」をする必要があり、朝が辛いという人は、結構大変なことかもしれないです。

僕も朝は苦手なんですよね…

なので解決策としては、朝早く起きるために「 早く寝る 」こと1番です。

方法としては簡単で、1時間早く起きるなら1時間早く寝るを実践するだけです。

睡眠時間は確保しないと寝不足になってしまいますからね(^ ^)

最初から1時間や2時間早く起きる・寝るではなく、20分・30分だけでも早く起きてみるようにしましょう!

最初の負担も少なく、継続することもできますよ!!

ダイエット継続方法
ダイエットを継続する方法は?掛け算方式で簡単に痩せる

悩んでいる人ダイエットって継続するの難しいよね…。いい方法ないかな。 こんな悩みを解説していきます。   本記事の内容 ダイエット方法の継続方法 ダイエットを継続する際の心得 ダイエットで無 ...

続きを見る

ダイエットの継続をするにはどうしたらいいのか?という記事を書いています。参考までにご覧ください!

怪我をするリスクがある

朝起きた時は、体が結構固まってしまっています。

血流の流れも穏やかなので、急に運動をすると怪我をしたり、貧血などでフラつく可能性もあります。

僕も関節とかは、固まっている感じします。

なので、朝起きたらすぐに筋トレをするのではなく、時間を置いて筋トレをしましょう!

  • 軽い食事をした後
  • 家事や支度をした後
  • 会社に行く途中で

こんな感じで、何かをした後だと時間を無駄遣いしないで済みますし、効率よく日常に取り入れることができます。

体もだいぶ温まっていると思うので、怪我のリスクも下げることができます。

僕は朝起きてすぐに、「よし運動するか」とはなかなかならないです…

大丈夫とは言ってもウォーミングアップは必ず必要です。

朝に筋トレをするメリット

朝筋トレメリット

朝に筋トレをすることで、デメリットも発生しますが、それ以上にメリットが大きいので、ぜひ実践していただきたいです。

基礎代謝が上がる

朝に筋トレをすると1日代謝が上がり、トータルの代謝量を増やすことができます。

朝運動をするとしないでは、全体の10%ほど増えるというデータももあります。

例えば、僕の年齢22歳の基礎代謝の平均は、1520kcalなので。

1520 × 1.1 = 1672kcal

通常より152kcalも増え、非常にダイエットに効果的です。

これは、おにぎり1個分ぐらいに相当し、食事制限をしている人は、ある程度楽になりますね!

少しでも効率よく痩せたいという人には、朝に筋トレをして代謝を上げて1日を過ごしてもらいたいです。

食欲を抑えてくれるホルモンが分泌される

朝に筋トレをして、基礎代謝をあげても食事を思う存分食べては効果は薄く、肥満になることも考えられます。

朝に限らず、筋トレには食欲促進ホルモンであるグレリンの分泌を抑える働きがあります

なので、朝に筋トレをすれば1日食欲を抑えてくれるというわけです!

集中力がアップする

朝に筋トレをすると、血流を全身に行き渡らせることができ、多くの酸素や栄養が脳に運ばれるようになり、集中力がアップします

筋トレ後に、仕事や学校など集中しないといけない予定がある場合は、脳が活性化された状態で行うことができるので、捗ること間違いなしです。

仕事が捗れば、プライベートもうまく行くことが多いので、集中力アップは最高ですよね!

時間を確保しやすい

朝に筋トレをするために、早起きをするので筋トレ以外のことをする時間も作ることもできます。

もちろん、時間を確保するのにはかなりの早起きをする必要がありますが、慣れれば非常に有意義に1日を過ごすことができます

朝活ということで運動や勉強をしている人も増えてきていますよ!

睡眠効率が上がる

早起きをし、筋トレをすることで、体にはある程度の疲労が蓄積されます。

体が疲れている状態なので、自然と夜には眠くなり早寝をすることができ、早寝早起きが習慣化されていきます。

いつも寝よう寝ようと考えている方はぜひ運動を!

自然と眠くなる理由は、夜に分泌される「メラトニン」という物質も関係しています。

外が暗くなると、徐々に分泌量が増え、起床後16時間程度経過すると分泌量が増えてくるようになっています。

自然と眠気が来ることで、気持ちよく寝ることができますよ!

スマホでゲームなどで夜更かしをしてしまうと睡眠効率が下がるので注意が必要ですよ!

ジムが空いている

朝のジムは、夜に比べて比較的空いている状態になっていて、使い放題な状態になっています。

マシンを使っている人が多いと、自分がやりたいトレーニングができないこともあるので、比較的空いた時間帯にジムで運動することをおすすめします

24時間ジムは比較的朝型は空いていますよ!朝にオープンするようなフィットネスクラブは、オープンと同時におば様方が陣取ってしまいます…。

朝に筋トレをする際の注意点

朝筋トレ注意点

朝に筋トレをする人は以下のことに注意して欲しいです。怪我をしたり、効果的なトレーニングにするためには重要なことです。

ウォーミングアップをする

朝の起きたばかりは、低体温で筋肉が動きづらい状態になっています。

そのまま筋トレをすると、筋肉を痛めてしまいます。

まずは、体を少しずつ動かしながら温めていきましょう。

体を温めてほぐすことで、関節可動域大きく使うことができるので、効果的なトレーニングができます

ウォーミングアップにおすすめな運動

  • 動的ストレッチ
  • ウォーキング
激しい動きではなく、大きく自分のペースや速さで体を動かすようにしましょう!

高重量は扱わない

朝の筋トレは、痩せたいからといって限界に近い重さを扱わないようにしましょう!

ウォーミングアップをしたからといっても、日中に比べると体は硬い状態なので怪我に繋がる恐れがあります。

回数で行う場合は、10〜15回ぐらいできる重さで行いましょう!

ダンベルの重さなどの設定については、ダンベルトレーニングは重さが重要!初心者でもわかるダンベル徹底解剖!で解説しています。

水分補給をする

寝ている間に、汗として体内の水分が出て行っており、体内の水分量も少ないですし、血流も穏やかになっています

なので、必ず水分補給をしてから筋トレをするようにしましょう!

体内水分量や血流が良くないと、思うように力が出ないことや、乳酸が蓄積されやすくなります。

特に朝の水分補給は大切で、痩せ体質に変えるためにも必要な習慣ですよ!

>>>水を飲むだけで痩せると言われるのはなぜか?【女優もしていること】

水を飲むだけで痩せるのはなぜ
水を飲むだけで痩せると言われるのはなぜか?【女優もしていること】

悩んでいる人水を飲むだけで痩せると聞いたことあるけど?デトックス効果がなんとか…。 このような悩みについて解説していきます! 水を飲むだけで痩せる理由 水を飲むタイミング 水の種類 飲む水の量(注意点 ...

続きを見る

まとめ:朝の筋トレは痩せるには最適!

朝に筋トレをするで、どんな効果があるのかを話してきましたが、かなりのメリットがあることがわかったと思います。

ダイエットで1番気にする、基礎代謝と食事制限の両方に効果があるのがいいですよね!

なかなか自分でセーブできない人は、朝に筋トレをして痩せることを目標にしてみてください!

ジムに行かなくても筋トレはできるので、自宅でトレーニングを考えている場合は自宅がジムの代わりになる!ジムに行くか迷っている人に対処法をご紹介を参考にしてください。

本記事でわかったこと

  1. 朝に筋トレをすると早起きが必要
  2. 朝に筋トレをするなら時間が経ってからがいい
  3. 朝に筋トレをすることで基礎代謝アップ
  4. 朝に筋トレをすると食欲ダウン
  5. 朝に筋トレをすると集中力アップ
  6. 朝に筋トレをすると時間が確保できる
  7. 朝に筋トレをするとジムが貸し切りになる
  8. 朝の筋トレ前はウォーミングアップが重要
  9. 朝の筋トレは高重量を扱うのは注意
  10. 朝に筋トレする前は水分補給する
運動を始めるなら何から?
社会人が自宅で運動を始めるなら何から?【手軽さが大切】

悩んでいる人運動を始めたいんだけど、何から始めればいいか分かんないんだよね…。運動経験もそんなにないし。   こんな悩みを解決します。   本記事の内容 運動することによって得られ ...

続きを見る

-ダイエット, 筋トレ

Copyright© tomoblog , 2020 All Rights Reserved.