疲れてダイエットができない

ダイエット

毎日疲れてダイエットができないのは甘え!?やる気がなくても大丈夫!

悩んでいる人
毎日疲れてダイエットなんかできないよ~。どうしよ。

こんなお悩みを解決していきます。

 

仕事や、学校に家事など毎日やることが多くて、ダイエットしたいけどする気が起きないという方に必読の記事となっています。

 

✔︎ 本記事の信頼性tomoblog

Twitterアカウント(tomo_blog_com)

 

本記事の内容

  • 疲れを溜めない方法3つの方法
  • 疲れてダイエットができない人向けのダイエット方法

ダイエットしたいけど、体力も気力的にも回らないという方いらっしゃると思います。

 

せっかくダイエットしたいという気持ちがあるのにもったいないです。

 

今回はそんな方のために、疲れを溜めない方法や、疲れている時でも行えるようなダイエット方法をご紹介します。

 

ぜひ、最後までご覧になって、参考にして行ってみてください!理想のボディーを目指しましょう!

疲れてダイエットができない人向け:疲れを溜めない方法

疲れてダイエットができない

 

疲れがたまると、生活がだらけてしまったり、ダイエットなんかする気に起きません。なので、ダイエットを開始するために、疲れをためないようにする必要があります。

 

ここでは、疲れをためないようにするにはどうすればいいか?解説していきます。

 

寝る前に食事をしない

寝る前に食事をとるとどんなことが起きるか?を紹介します。

 

寝る前に食事をとると

  • 睡眠の質が悪くなる
  • 太りやすくなる
  • 消化不良

上記のような原因になります。

 

胃袋に消化される前の食べ物があると、胃や腸が活発な状態で睡眠をとることになってしまい、睡眠の質を下げることになります

 

このような原因から、体がしっかりと回復せずに朝を迎えることになります。

 

なので、寝る前の3時間前には食事を終えるようにし、どうしても避けられない時は消化に悪いものは避けるようにすると、寝ている間に腸や胃に負担をかけることなく就寝することができます。

 

消化に悪い食べ物は

  • ラーメン
  • お肉脂身
  • 揚げ物
  • スナック菓子

脂質がたくさんあるような食べ物は避けるようにしましょう。

 

野菜や海藻類などは脂質の吸収を抑えてくれるので、食事の際に一緒に食べると良いですよ!

 

疲労回復効果のある栄養をとる

疲労が溜まっているのであれば、疲労回復の効果のある栄養素や食べ物を摂取するようにしましょう。

疲労回復に良い栄養素や食べ物は

  • ビタミンC.B.E
  • タンパク質
  • 緑黄色野菜、果物
  • 動物性タンパク質(魚、肉、卵)
  • 大豆製品(豆腐、納豆、味噌)

上記のような栄養素や食べ物を摂取することで、ストレスによる「精神的疲労」と、身体的な「筋肉疲労」を改善することができます。

 

疲れを感じたら疲労軽減をしてくれる栄養素を意識して、摂取してみてください!

 

消化にいいものを食べて、疲労回復効果のある栄養を摂取するようにしてくださいね!

リラクゼーションを取り入れる

リラクゼーションとは、肉体的、精神的な緊張をほぐしリラックスすることをいい、活動している際には、交感神経を優位に、リラックス状態は副交感神経が優位になっています。

 

リラクゼーションを行うことで、心身ともにリラックスすることができ疲労回復などの効果があり、疲れている体には効果的です

 

機会があれば、リンパマッサージやエステに行くことをお勧めします。

 

しかし、お金もかかるので、自分で行うマッサージやストレッチでも十分にリラックスができるので、ぜひ試しに行ってみてください!

 

また入浴の際には、入浴剤を入れたりアロマを焚いて寝たりなどの方法もあります。自分の好きな匂いでリラックスしてもいいと思います!

 

入浴に関することはシャワーだけの生活は損だらけ?湯船に浸かるだけで体質が変化する理由とは?をご覧ください。入浴の効果や、「痩せたい!」「痩せ体質にしたい!」という方はぜひ参考になると思います。

 

 

エステには行ったことないんですよね…高い。フィットネスジムで働いていた時は「りらくる」に数回いきました!お風呂は「ラベンダー」の香りがいいですね〜

 

疲れてダイエットができない人向け:ダイエット方法

疲れてダイエットができない

 

疲れているけどダイエットはしたいという方でもできるダイエット法をご紹介します。

急激に痩せることはないので、ご了承いただけたらなと思います。

 

食べる量を少し減らす

ダイエットをしたいと考えている方であれば、どこか無駄に食べ物を口にしているものがあるはずです。

 

なので、お菓子やジュースなどを控えるのは当たり前ですが、ご飯の量を少し減らしてみてください。

 

参考数値ですが

ご飯1膳軽盛り(100g) 168kcal
ご飯1膳普通盛り(140g) 235kcal
ご飯1膳大盛り(240g) 403kcal

引用元:タニタ摂取カロリー早見表

これだけ差があります。

 

脂肪を1kg落とすのには7000kcal必要なので、1日250kcal程度減らすことができれば、1ヶ月で落とすことができる計算になります

 

お菓子とジュースとご飯の量を少し抑えるだけで達成できそうですよね!

 

「食事管理なんかやったこともないし、めんどくさい。」という方はマッスルデリは圧倒的なメニューの種類と美味しいのにリーズナブルな価格が良いをぜひ参考にされてください!

 

栄養管理されているお弁当で「食事管理をしたい」という方にぴったりですよ。

有酸素運動より筋トレをする

有酸素運動をしないと、体脂肪が燃えないと思っている方も多いみたいです。

 

しかし、日常生活でも自然と体脂肪は燃えており、エネルギーも消費しています。

 

なので、筋トレをすることで筋肉量を増やして、基礎代謝を増やし体脂肪がも燃えやすい身体を作りましょう。

 

運動何していいかわからないという方は、ぜひまずは自宅で運動をすることをお勧めします。お手軽にできるので、まずは自宅がジムの代わりになる!ジムに行くか迷っている人に対処法をご紹介をご覧ください!

 

毎日コツコツとすることが大切です。僕は2分半のトレーニングを毎日しています。

アクティブレストを取り入れる

アクティブレストをご存知ですか?

 

アクティブレストというのは、「積極的休養」と呼ばれる疲労を回復するための方法です。

 

方法としては、疲労感がある際に軽く体を動かします。

 

軽く体を動かすことによって、血流の改善をし、疲労物質の排出を促していきます

疲れているのに…って思いますよね!

 

運動内容は、軽い散歩程度で十分なので、負担にもなりませんし有酸素運動にもなります。

 

ストレス緩和や気分転換にもなるので、ぜひ実践してみてください!

まとめ:疲れてダイエットができない人は生活に少し変化を!

ダイエットができない方は、まずは疲労を溜めないような生活をしていくことが大切です。

その後に、ダイエットを突き詰めていきましょう!!

本記事で分かったこと

疲れを溜めない方法

  • 寝る前に脂質が多く入って食事はしない
  • ビタミンなどが入って疲労回復を促す
  • リラックスできる状況を作る

疲れている人でもダイエットをできる方法

  • 食事管理をで摂取カロリーを抑える
  • 有酸素運動ではなく筋トレで痩せやすい身体作る
  • アクティブレストで疲労物質を取り除く

-ダイエット

Copyright© tomoblog , 2020 All Rights Reserved.