筋トレジムと自宅両方

オンラインフィットネス 美容・健康

筋トレをするのはジムと自宅どっち?元トレーナーが両方を徹底比較します

筋トレしたいけど、ジムと自宅はどっちがいいのかな?

こんなお悩みを解決していきます。

筋トレを「ジム」か「自宅」で行うかはかなり悩むところですよね。

僕も実際に悩んでいましたし、ジムと自宅両方で筋トレを行っていました。

この記事を読むことで、ジムと自宅での筋トレ両方を比較し、あなたに合った環境はどっちなのかが分かります。

ぜひ悩んでいる人は最後までご覧ください。

本記事の内容

  • ジムと自宅での筋トレを比較
  • 自宅で筋トレをするメリット・デメリット
  • ジムで筋トレをすメリット・デメリット
  • 自宅とジムのそれぞれ向いている人の特徴
  • 自宅とジムで悩んでいる人は両方体験

✔️ 本記事の執筆者

ぜひ最後までご覧ください〜!

筋トレをジムと自宅で徹底比較

ジムと自宅で筋トレを比較

筋トレするならジムと自宅どっちがいいかな〜

結論、どっちがいいかはその人によりますね…

ジムの雰囲気や好きで、筋トレのモチベが上がり継続しやすい人もいれば。自宅で自分のペースで筋トレするのが良いという人もいます。

トレーナー経験もある僕が、実際にジムと自宅で筋トレをして感じたことは以下のようになります。

比較項目ジムの筋トレ自宅の筋トレ
コストがかかる×
移動時間×
継続率変わらない変わらない
筋トレの効率変わらない変わらない
筋トレの効果変わらない変わらない

自宅の方がコストや移動時間がないので、自分にはあっているかなって感じています。

自宅でもしっかり負荷をかけて筋トレをしているのであれば、トレーニング効果は高いし、効率も上がります。

ジムで筋トレをしていても、運動効率が悪くトレーニング効果がでないといった人もいます。

結局は、しっかりと継続して週に複数回筋トレをすることが大切なんですよね。

ジムで働いていたときは、週に1回以下の人がたくさんいました

週1なら自宅で2、3回した方がいいのに、お金もったいないなぁって感じていました。

ジムに行っていて、もったいないと感じている人は「ジムに行くのはもったいない」をご覧ください!!

筋トレを自宅でするデメリット

自宅筋トレデメリットを紹介

筆者の僕が実際に感じたことのある、自宅で筋トレをするデメリットを紹介します。

下記が一覧になります。

  • 筋トレ負荷が弱い
  • 筋肉の細かい部分が鍛えづらい
  • 筋トレ器具に場所を取られる

解説していきますね!


筋トレの負荷が弱い

自宅では筋肉に与える負荷が弱いのが1つ目のデメリット。

筋トレの負荷が弱いのは、ジムなどのマシンを使ったトレーニングしたことがある方なら理解できると思います。

なので

ボディビルダーのような体になりたい方

上記のような考えをお持ちの方は自宅トレーニングでは厳しいかと。

ムキムキになりたい方以外の方は、自宅でのトレーニングで十分ですので自宅トレーニングに必要なもの」を参考にしてみてください。

筋肉の細かい部分が鍛えづらい

ジムなどのマシンは、筋肉別に鍛えることができるようになっています。

自宅でも動きやポーズを変えて鍛えることは可能ですが、筋肉量が多い方や男性の方でないとできないことも。

しかし、もし細かい筋肉を鍛えたいと思っていても、トレーニングチューブを購入することで解決ができるので問題はないですよ。

1,000円以内で購入できる筋トレグッズを紹介しています。
ぜひご覧ください!!

筋トレ器具に場所を取られる

筋トレ器具を使えば下記が可能になります。

  • 筋トレの負荷を増やす
  • いろんな筋肉を鍛える

しかし、器具に場所を取られて、収納スペースがなくなってしまうことも!

器具の買いすぎもあまり良くはないですよ笑

普段使いそうなものを購入するようにして、必要になったら買い足すようにしてください。

もし、筋トレ部屋を作って家で本格的にしたい人は「自宅で本格的な筋トレがしたい!ホームジム作成方法とは」をぜひご覧ください。

少ない筋トレ器具で効率的にトレーニングをしたい人は下記をご覧ください!!

筋トレを自宅でするメリット

自宅筋トレメリットを紹介

筆者の僕が実際に感じたことのある、自宅で筋トレをするメリットを紹介します。

下記が一覧になります。

  • いつでも筋トレができる
  • 無駄な時間を削除できる
  • 毎月のジム代の費用が浮く
  • 自宅だと複数人で筋トレができる

いつでも自宅で筋トレができる

自宅だといつでも筋トレをすることができます。

ジムで筋トレをするのであれば、服の準備などをして通わないといけません。

ですが、自宅では一切その心配なし。

  • テレビを見ながら筋トレOK
  • 気が変わった時に筋トレOK
  • 細切れ5分ごとの筋トレOK

僕は映画やYouTubeを見ながら筋トレしてますよ!!

自宅でなら、僕のようにながら運動もすることができます。

またオンラインフィットネスもおすすめ。以下を参考にしてください!!

オンラインフィットネスとは

好きな場所で、トレーニングをすることができるサービス。
自分のペースで運動ができたり、インストラクターさんに指導をしてもらうことができる。

  • 月々の料金が安い
  • 場所問わず運動をすることができる
  • インストラクターさんの指導を受けることができる
  • こっそり運動をすることができる
  • 無料体験などが豊富

オンラインフィットネスのメリット・デメリットはこちら

いつでもどこでも、プロにトレーニングを教えてもらえるのはデカイ。
気になる人は、ぜひチェックしてください。

無駄な時間を削除できる

自宅は移動をする必要がないので、無駄な時間を削除して筋トレをすることができます。

筋トレの時間を最小限にするにはピッタリ。

  • 移動時間なし
  • マシンの待ち時間なし
  • 更衣室の待ちなし
  • お風呂の待ちなし

など、時間を無駄にすることはないですね。

時間効率を考えれば、自宅での筋トレは最高。

毎月高いお金がかからない

ジムの月会費では10,000円以上かかる場合がありますが、自宅だとその負担がないです。

お金をかけずに筋トレをしたい人は、自宅でのトレーニングがおすすめ。

  • ダンベル
  • ベンチ
  • チューブ
  • マット

上記の種類だと3万円の1回投資することで、自宅でかなり良いトレーニングができます。

ダンベルとマットなら5000円ぐらい、チューブなら1,000円くらいで買えちゃいます。

筋トレグッズを買わずとも腕立て伏せや腹筋なら、今すぐにでもできちゃいますよ。

自宅でする筋トレグッズを買ってない人は「自宅での筋トレグッズおすすめ」も書いたので、ぜひ参考にしてください!!

自宅だと複数人で筋トレができる

ジムでの合トレといって、複数人で筋トレをすることがあります。

しかし、通常のフィットネスクラブなどでは集団での利用を禁止していることが多いです。

理由は以下の通りです。

  • 騒音対策
  • 感染症予防の対策
  • マシンの回転率を上げる

僕が働いていたジムもそうで、集団での利用は禁止になってました。

それに比べて、自宅で筋トレをする場合は家族や友達としても問題ないです!

むしろ負荷をかけ合うことで、より効果的なトレーニングをすることができますよ!

自宅での筋トレが向いている人

筋トレ自宅ジムどっち

自宅で筋トレする人は以下のような人が向いていると感じています。

  • コツコツと継続できる人
  • ジムが家の近くにない人
  • お金を使いたくない人

説明していきますね。

コツコツと継続して筋トレができる

自分のペースでコツコツと筋トレを行える人は、自宅でのトレーニングでOK。

筋トレは定期的に行うことで、結果がついてくるので3ヶ月から1年くらいコツコツやれば大丈夫です。

もちろん筋トレの成果には、頻度は非常に重要で

  • 20分〜30分の筋トレ
  • 週に2回、3回

上記ぐらい行えたら理想かと。

成果を感じたい人は、写真を定期的に撮っておくといいですよ!

筋トレにお金を使いたくない人

正直ジムにはかなりのお金を使いますし、何年何十年通うと馬鹿にならない金額になります。

ジムに1年通うだけで

約1万円×12ヶ月=12万円

人によってはこれだけ払っても痩せません。もったいないですよね。

お金をかけたくない人は、自宅での筋トレ1択です。

ジムが無駄な理由は「ジムに通っている人のほとんどが無駄にお金を払っている」で詳しく解説しています。

自宅の近くにジムがない人

ジムが家の近くにない人は「自宅で筋トレをする」しかありません。

自宅だと移動時間も必要ないですし

  • 家事の合間の時間
  • レンジで食べ物を温めている時間
  • お風呂に入る前に空いた時間

何かの合間の時間にすることも可能です。

わざわざ時間を取らなくてもいいので、忙しい方にもピッタリな方法です。

筋トレをジムでするデメリット

筋トレジムデメリットを紹介

筆者の僕が実際に感じたことのある、ジムで筋トレをするデメリットを紹介します。

下記が一覧になります。

  • 月会費がかかる
  • 移動に時間が取られる
  • 誰が使ったマシンかわからない

解説していきますね。

月会費がかかる

ジムで筋トレをするには月会費を払わないといけません。

上記でも説明したように

月会費が高いところでは10000円ほどかかります。

僕が働いていたジムでは、全時間使えるプランでは8,000円以上してました。

また入会する際もお金がかかり

  • 入会金:数千円〜1万円
  • 月会費前払い:1万円〜2万円

上記が必ずかかってきます。

最初の費用としては結構大きな負担ですよね。

ジムに行く準備で時間をとられる

ジムに行くには、準備をして通わないといけません。

例えば

  • 着替えの準備
  • タオルやお風呂セットの準備
  • プロテインの準備

通い慣れれば何の問題もないのですが、最初はめんどくさいと感じることが多々あります。

自宅で筋トレをするのであれば、今来ている服で行うことができますよね。

毎回用意するってのもめんどくさい、、、そんな方もいると思います。

色々めんどくさいと感じることを下記の記事でまとめたので、ぜひ「ジムってめんどくさい」と感じている人はご覧ください。

移動時間に時間をとられる

ジムが近所にある場合は、そこまで気にする必要はないですが、近くにない場合は「毎回ジムに通う」のに時間を20分〜30分割かないといけません。

なので、移動時間が往復で30分〜60分ある場合は、その時間で筋トレを終わらせてしまうことが自宅では可能。

上記のように考えると、移動時間がいかに無駄なのか分かると思います。

誰がマシンを使ったかわからない

現在の世界情勢を考えると、誰が使ったかわからないマシンは怖いですよね。

ジムでは、直接的に人に触れることはなくても、マシンなどで間接的にウイルスをもらってしまうことがあります。

現状、その間接的感染をしてしまうことを恐れて、ジムを休会にしたり退会している人が大勢います。

このことを考えると、少し不安ではありますよね。

僕が働いていたジムは、感染症の影響で休会制度を
新たに設けましたよ。

筋トレをジムでするメリット

筋トレジムメリットを紹介

筆者の僕が実際に感じたことのある、ジムで筋トレをするメリットを紹介します。

下記が一覧になります。

  • 目の保養やモチベアップ
  • 全身の筋肉を鍛えることができる
  • トレーナーに指導してもらえる

解説をしていきますね。

目の保養でモチベアップ

少しぶっ飛んだ話ですが

  • かっこいい人
  • マッチョな人
  • 可愛い人
  • 綺麗な人

上記のような人たちで、目の保養、モチベアップに繋がることがあります。

場所や時間によってはいないこともあります。

自分を奮い立たせてくれる存在を見つけることで、モチベーションをアップさせて筋トレに励むことも悪くはないです。

全身の筋肉を鍛えることができる

自宅での筋トレもある程度全身を鍛えることはできますが、ジムだとマシンを使ってピンポイントで鍛えたい筋肉に負荷をかけることができます。

もちろんジムにもダンベルはありますし、自宅でできることはジムでもすることが可能です。

バランスよく全身を鍛えることによって、カッコいい身体や理想とする姿にも近づきます。

トレーナーに指導してもらえる

ジムではスタッフが常駐しているので、わからないことは聞くことができます。

別途料金を払う必要はありますが、マシンを使った筋トレメニューやトレーニング指導を受けることが可能ですよ。

筋トレを始めたてで「何をしたらいいのかわからない!!」と思っている人は、ジムで筋トレを始めて知識をつけていくこともいいと思います。

最初はマシンの使い方もわからないと思うので、聞いた方がいいですよ!

筆者の僕がジムで働いていた時に、初心者向けに筋トレメニューを作ってあげたりしてました。

その時のメニューを参考にした「ジム初心者向け一週間メニュー」を記事にしているので一読して見てください!

ジムでの筋トレが向いている人

筋トレジム自宅どっち
  • ボディビルダー並みの体型になりたい
  • 早く成果を出したい
  • 家だと集中できない

上記のような人は、ジムで筋トレする方がいいかもしれないですね。

ボディビルダー並みの体型になりたい

やはり、ジムの1番のメリットは全身を鍛えることです。

またジムにあるプレートなどはかなり豊富な種類があり、筋肉に大きな負荷を与えることのできることもメリットと言えます。

筋肉を大きくするには強い衝撃を与えることが一番なので、ボディビルダーみたいになりたい人はジムで筋トレをするのがいいですね。

早く結果を出したい

ダイエットや身体を大きくするのに、早く結果が欲しい人はジムで筋トレをするのがいいです。

ジムでは腕立てなどの自重をしている人よりは、負荷も強くかけることができ、結果を出すことが可能です。

効果を感じられるタイミングを知りたい人は、ぜひ下記をご覧ください。

ジム関連記事

自宅だと集中できない

自宅だと筋トレに集中できない人も多くいます。

あなたが集中できる環境がジムなのであれば、ジムで筋トレをして結果を出していきましょう。

同じように筋トレを頑張っている人が多くいるので、励みにもなると思いますよ。

ジムに行こうかなと考えている人は、ぜひ下記の記事を参考にして見てくださいね!

自宅とジムで悩んでいる人は自宅で筋トレを始めてみる

ジムと自宅でする筋トレ悩んでいる人は体験

ジムと自宅で悩んでいる人は自宅で筋トレを始めてみましょう。

悩むよりまず行動しないと結果は出ません。

自宅で筋トレを始めてみる場合は、腕立て伏せなどのグッズを始めてみてもいいですし。

  • ダンベル
  • チューブ

上記があればある程度筋トレすることができます。

チューブは1,000以内、ダンベルは5,000円以内でありますよ。

もしジムに通うことになっても、自宅で筋トレグッズを使ってトレーニングすることはあると思うので、購入しても損はないと思いますよ。

このサイトでおすすめしているオンラインフィットネス

筆者の僕がジムと自宅での筋トレを比較して、筋トレグッズを買わずともかなり効率よくトレーニングできるサービスを紹介します。

そのサービスは、オンラインフィットネス「ソエル」といい

  • 月々3,000円からレッスンが受講可能
  • 追加料金なしでトレーナーから指導してもらえる
  • 自分のペースで受講回数を変更できる

自宅にいながら、オンラインで「トレーニング」「ヨガ」などの指導を受けられます。

しかも、トレーナーさん事前に収録した動画もあるので
好きな時間にレッスンの受講もできます。

収録動画の見放題、月3,000円からで追加料金なしでトレーナーさんから指導してもらえるおすすめのオンラインフィットネスです。

今なら100円で30日間レッスンが受講し放題なので、ぜひチェックしてみてください!

実際にソエルを体験した感想を下記の記事にまとめているので、ぜひご覧ください。

オンラインフィットネス関連

まとめ:悩んでいる人はまずは自宅で筋トレをスタート!

ジムか自宅どっちから筋トレを始めようと悩んでいる人は、まずは自宅でトレーニング始めてみましょう。

自宅での扱う筋トレグッズも3000円などで安く手に入りますし、オンラインフィットネスなら100円体験や無料体験などがあります。

自宅で筋トレをやろうが、ジムで筋トレをやろうが継続ができれば問題はないです。

ぜひ、本記事を参考に行動に移してみてください!

-オンラインフィットネス, 美容・健康

Copyright© tomoblog , 2022 All Rights Reserved.